ハンデプログラマー

障害者の方のためのプログラミング教室です。目指せ自立!!

トップ > HTML/CSS入門 > 画像の表示

画像の表示

1、最初に作成したHTMLファイルをテラパッドで開きます。

2、下記のようにプログラムを追加します。

<html>
<head>
<title>test</title>
</head>
<body>
Hello!HTML
<br />
<img src="images/logotest.jpg" alt="テスト画像">
</body>
</html>

3、このファイルをHTML形式で保存します。

4、HTMLファイルをダブルクリックして開きます。
テスト2表示

「Hello!HTML」の下に画像が表示されました。

追加したのはこの2行です。

<br />
<img src="images/logotest.jpg" alt="テスト画像">

<br />は改行を指定しています。このタグは始まりと終わりのセットではない単独で指定できるタグになります。

<img src="images/logotest.jpg" alt="テスト画像">のimgは画像を表示しますというタグです。
srcは画像ファイルがあるパスを指定します。
altは画像の名前を指定します。ファイル名と同じでなくても構いません。

HTMLは大体テキストと画像の集まりだと思ってもらえば簡単です。どう配置するかを考えれば良いだけです。

プログラミング言語

こちらのサイトで扱うプログラミング言語一覧です。

ページのトップへ戻る