[HOME]  IT-Engineer IT技術者プログラマーのための情報サイト
Google
 
Web it-engineer.jp

■ イーバンクは必要不可欠

インターネットでの売買をやるようになって今までの都市銀行では損する場合が多いのでネット銀行で大手のイーバンク銀行に口座を開設しました。

取り引きする相手がイーバンクの場合が多いし、
まず金利が0.06%と他の銀行のように0.001%のようなことがありません。
他にもいいことだらけで使わない手はありません。すでに持っている方はわかると思いますが、もっていない方は、結構知らないうちに銀行にお金を取られていますよ。

入金の仕組み
入金方法には「振込入金口座による入金」と「郵貯から入金」、「イーバンクカードによる入金」の3パターンがあります。

振込入金口座による入金は、他の銀行から自分の口座振り込むことによる入金です。

郵貯から入金はイーバンクにログインして、登録した郵貯口座から資金を移動させ入金する方法です。直接ATMなど行かなくていいので便利です。(もちろん無料)

イーバンクカードによる入金は、全国の郵便局やアイワイバンク銀行のATMからでき、
入金手数料は完全に無料、出金は月5回まで無料(6回目から\200かかります。でも月に6回も出金なんてしませんよね)

出金、振込みの仕組み
出金方法は「本人名義の他銀行口座への出金」、「郵貯口座へ出金」、「イーバンクカードで出金」があります。

本人名義の他銀行と郵貯はイーバンクにログインして他銀行や郵貯に出金手続きをするだけです。

他人名義の銀行への振込みは同じイーバンクなら金額に関係なく、無料。
他銀行へは、金額に関係なく\160で済みます。
これが一番大きいですね。今まで自分の例では他銀行での振込みは\420かかっていました。だからかなりお得です。

実際にお金を引き出す場合はイーバンクカードを使います。
イーバンクカードなら月5回までは無料ですよね。

イーバンクカードについて
イーバンクカードとはキャッシング機能が付いたカードで日本信販と提携しています。

イーバンクカードは入る入らないは自由ですが、いままで説明したようにお金の引き出しには月5回まで無料です。普通のキャッシュカードでは\200かかります。

だから申し込む際は同時にイーバンクカードも申し込むことをおすすめします。

説明したらきりがないくらいの内容があります。
ピンポイントに説明したつもりですが、こちらのイーバンクのサイトにはきちっと書かれていますのでよく見てください。

【イーバンク】口座開設はこちらから

IT-Engineer IT技術者プログラマーのための情報サイト TOPへ

IT-Engineer IT技術者のための情報サイト(1プログラマーによるプログラミング講座)
当サイトの無断転載・複製禁止
Copyright (C) IT-Engineer All rights reserved